読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮崎のJDへブーメラン大作戦 ~後編~

ナンパ

 

 

――――――――――――――――――――――――

 

haume-nanpa.hatenablog.com

 

 

に続く

 

――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

正直

LINEが来たこと自体が

飛び上がるくらい嬉しいことだった。

 

 

 

 

感動に震える手と心を鎮めながら

まずはLINEをくれたことへの感謝の気持ちを送る。

 

 

 

 

 

その後、しばらく他愛もないラリーを続けた。

 

 

 

 

 

今までバイトだったんですけど、今から違うバイトなんです

いつまで?

22時過ぎくらいです

じゃあそっから飲もうか

わーい!良いんですか?飲みましょう!

 

 

 

 

時は流れ

約束の22時過ぎ。

 

 

 

 

お風呂上がりの一服をしていると

着信が入る。

 

 

 

 

 

今、バイト終わりました!どこ行けば良いですか?

あ、迎えに行くよ。今どこにいる?

わーい!〇〇っていうコンビニです!待ってます!

 

 

 

 

 

車のキーを取り

部屋を出ようとした。

 

 

 

 

 

 

俺も行く!」

 

 

 

 

 

 

うん????

 

 

 

 

 

 

 

葉梅!俺も行く!

 

 

 

 

 

 

 

まさに悪魔のささやき。

 

 

 

 

 

一番仲の良い、包茎(仮名)が

まさかのデートに立候補してきたのだ。

 

 

 

 

 

 

サシで飲みに行って、そこで仕上げ

相手の家に行くという

シンプルな即計画が最初に崩れ去った。

 

 

 

 

 

男の友情を無下にするわけにもいかず

包茎と連れ立って、ホテルを出た。

 

 

 

 

 

 

ほんとに来てくれたんですね!わっ!誰かいた(笑)!びっくりした!

 

 

 

 

天然子も若干残念がっているように見えた。

 

 

 

 

 

驚くのも無理はない。

サシで飲む約束をしていて

迎えにきてくれた車の助手席に乗ろうとしたら

そこには包茎に激似の人が座っているのだから、、、。

 

 

 

 

否、むしろ

ヒト型の包茎と言った方が良いかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあどこ行こうか。なんかオススメある?

う~ん繁華街の方に行けばあります、、、けど、、、どうせ包茎さんも居ますし、皆さんで飲みますか!?

 

 

 

 

 

 

うん??

 

 

 

 

 

 

良いね!良いね!

ですよね!宅飲み!宅飲み!

 

 

 

 

 

 

 

どうやら

ド天然の爆弾を2人も抱えてしまったようだ。

 

 

 

 

 

 

綿密に練った即計画は崩れ去り

数分前に颯爽と後にしたはずのホテルに

大量のお酒とおつまみを持って、もどる。

 

 

 

 

 

 

初めて会って

まともに喋ってもない男6人の部屋に

平気で来てしまうこの子が凄く心配になった。

 

 

 

 

 

 

いやでも凄いね。初めて会った人の、しかも男6人のホテルに来るなんて。絶対やめた方が良いよ。たまたま俺らは普通だったけど、悪い人もいるからね

 

 

 

 

 

 

サークルのキャプテンが珍しくまともなことを言った。

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫です!私お兄ちゃんいるんで!

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

よく分からなかったが

満面の笑みで答えていたので許してしまった自分がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで

ワイワイガヤガヤ飲みながら

午前3時を回ったところで

野郎共が徐々に睡眠体制に入った。

 

 

 

 

それを見て

すかさず、天然子に話しかける。

 

 

 

 

もうみんな眠たいみたいだから、そろそろ帰ろうか。家まで送っていくよ

うん!分かった!

はい!はい!天然ちゃんは誰に送って行ってほしいですか??

 

 

 

 

 

そう、包茎である。

 

 

 

 

 

この日から

葉梅はこいつのことを包茎爆弾と心の中で呼んでいる。

 

 

 

 

 

 

ていうか付き合いたいランキングつけよ!それで1位のやつが天然ちゃんを送って行こう!

 

 

 

 

 

包茎爆弾のこの発言に

他の野郎共がノッてくる。

 

 

 

 

 

 

ええ!!でも決められないです(焦)

良いから良いから!あ、最下位からでも良いよ!

 

 

 

 

 

とまあ

包茎爆弾の口車に乗せられ

天然子は順位をつけはじめた。

 

 

 

 

 

 

最下位から順番に発表され

残るは包茎爆弾と葉梅の一騎打ち。

無駄にテンションがあがっている包茎爆弾を見て

あの時ほど「包茎!!」と

叫びたくなったことは先にも後にもこの一度だけである。

 

 

 

 

 

う~ん、1位は葉梅さん!!!

ジーザス!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

 

 

選ばれたのは葉梅でした。

 

 

f:id:haume:20160107183344p:plain

 

 

 

 

 

この波乱の戦いを抜けたあとは

非常に楽な試合展開だった。

 

 

 

 

運転中に肩にもたれかけさせ

天然子の家の前にあるよくわからない会社の駐車場に車を止め

手を繋いで部屋に入る。

 

 

 

 

 

 

お互い別々でお風呂に入り

そのあいだ、片方は寝室で待つ。

 

 

 

 

 

毎日寂しい、、、

じゃあ今日は俺が包んであげるよ

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・即!!!!!!

 

 

 

 

 

満たされた気持ちになりながら眠りについた。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・トゥルトゥルトゥルトゥルトゥルトゥルトゥル!!!!

 

 

 

 

 

スマホ手にして誰からの電話かを確認する。

外は既に明るかった。

 

 

 

 

 

 

 

・・・もしもし?

葉梅!!お前どこにいるの!?!?

 

 

 

 

 

包茎爆弾だ。

何やら怒っている。

 

 

 

 

 

天然ちゃんの家だけど?

車どこに止めた!?!?

・・・あ、そーゆーこと?

そう!!!レンタカー屋さんに苦情が入って、さっきレンタカー屋から電話来た!まだ7時!!眠いのに起こされた!!!!!!

ごめんごめん(笑)すぐどけるわ

 

 

 

 

 

これだから

包茎爆弾は面白い。