読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相席屋の戦い

 

 

 

週1のブログ更新という新年の誓い・・・

 

 

 

 

 

 

早々に破った・・・

 

 

 

 

 

 

葉梅だよ!!!!!!!!

 

 

 

 

 

f:id:haume:20160209160504p:plain

 

 

 

 

 

というわけで

今回は葉梅が最も結果を出せていない話をしたいと思います!

 

 

 

 

 

 

ナンパを始めて色々な出会いがありました。

 

 

 

 

 

 

最初はストナンから入り、

店員さんをナンパしたり

電車で目の前に立っている人をナンパしたり、

ペアーズとかタップルとか使ってみたり、

勿論クラナンもしたり、、、

 

 

 

 

 

 

ある程度やってきて

どんなとこでも声掛けできるようになってきて

ナンパ自体に自信はついてきていますが、、、、

 

 

 

 

 

ある場所では

即どころか

準即、準々即すらも決められていないんです。

 

 

 

 

 

 

そう、それが、

 

 

 

 

 

 

f:id:haume:20160209161746p:plain

 

 

 

 

 

早く・・・

早く童貞を捨てたい・・・

魔法使いになんかなりたくないよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

―――――――――――――――――――――――――

 

 

 

 

 

 

【第一次相席屋の戦い】

相方:会社の同期

相手:セステティシャン、大学生

結果:惨敗

 

 

 

 

 

 

相席屋デビューは

会社の同期とでした。

 

 

 

 

 

同期が女の子慣れしてないから

葉梅頑張ったんですよ!

 

 

 

 

 

ほんとに頑張ったんです。

 

 

 

 

 

相手の女の子2人共

グングン食い付きあがって

ビギナーズラックいけるやんって

相席屋簡単やんって思ってましたよ、、、

 

 

 

 

 

 

葉「こいつ(同期)に彼女作るってのが今期の全社の達成目標なんだよね

大「なにそれ(笑)でも、確かに、モテなさそう(笑)

葉「ほんと、それな。俺と違ってこいつ全然ダメなんやって

エ「ウケる(笑)葉梅くんはチャラいだけだけどね・・・

大「そうそう、同期くんは絶対こうなったらダメだよ(笑)

葉「うぉぉぉぉい!

同「じゃあLINE教えて!今度飲みに行こう!

大「あ!そんなことしてたら葉梅くんと同じになっちゃうよ!

葉「もう百歩譲って俺はええわ!けど、こいつは今日女の子のLINEゲットできんかったら会社クビやから、教えてあげて(笑)!

エ「なにそれ(笑)

大「逆に面白いから絶対教えてあげない(笑)

 

 

 

 

 

 

圧倒的クロージングミス!!!!!!

 

 

 

 

 

f:id:haume:20160209162933p:plain

 

 

 

 

 

 

この後、ジョンと

何回か相席屋に足を運びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【第二次相席屋の戦い】

相方:ジョン

相手:不明

結果:負け(強め女子2人に弄ばれて終わり)

 

 

 

 

 

 

A「オ〇ニーとかみんなしてるって

B「ほんとほんと、私とか家帰ってすぐ電マ

A「早すぎ(笑)

葉「本気やん(笑)

ジ「でもオ〇ニーよりセ〇クスの方が気持ち良いやんね?

A「わかる!

B「それはない!オ〇ニーの方が良い!

ジ「それは本当の気持ちよさ知らないだけじゃない?

A「そうそう!言葉攻めとかされたいじゃん!

B「いや、言葉攻めとかマジで要らん。邪魔

ジ「葉梅どんまい(笑)俺はSもMもどっちもいけるよ❤

B「もう!こんな話してたらヤリたくなってきた!!ねえ、私としよ!

ジ「・・・え・・・

B「はい、一瞬躊躇したから、なし!あ~あ!

 

 

 

 

 

グイグイ来られると

なかなかついていけないものですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

【第三次相席屋合戦】

相方:後輩

相手:26歳のお姉さん2人

結果:猛烈な年下グダにより完膚なきまでの負け(開始10分で放流される)。

 

 

 

 

 

葉「お姉さんたちマジで綺麗だね

A「うそぉ~ありがと!

葉「いや、ほんとに!26くらい?

B「マジか(笑)全然ちがうよ(笑)

A「29!お兄さんたちは何歳?

葉「23!

A「え!?年下じゃん!!!

B「どうりで肌が若いと思ったよ・・・

葉「ちょうど年上のお姉さんと遊びたいお年頃(^○^)

A「年下はなぁ~

葉「若いエキスを・・・B「ちょっとねぇ~」」

葉「いや、元気だけは・・・A「そろそろ行こっか」」

葉「ほんとに、ちゃんと勃・・・B「うん」」

 

 

 

 

 

 

何が正解やったんや!!!!!!(怒)

 

 

 

 

 

 

 

 

この後も

ジョンと相席屋に結構な頻度で行きました。

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

【第四次相席屋合戦】

相方:ジョン

相手:26歳のおそらくニート、26歳不明

結果:アポドタにより負け

 

 

 

 

 

 

 

 

ブ「なんか、葉梅くん、クリス松山に似てない?

~全員大爆笑~

ニ「やばい(笑)クリス松村をテレビで見るたびに思い出しそう(笑)

葉「誰がゲイや!

ジ「こいつ男も女もイケるんやて

葉「誰がバイや!

ブ「もう、身振りもクリス松山にしか見えない!

クリス松山って誰やねん

ニ「ほんとほんと!クリス松村っぽい!

教えたらんのかい

 

 

 

 

 

 

と、まあテキトーに切り上げ

ジョンとT箱へ。

 

 

 

 

 

 

しばらくすると相席屋で相席した2人がTへ。

 

 

 

 

 

ニートの方を番ゲし

アポを組む。

 

 

 

 

 

 

■アポ前日

※LINEにて

ニ「首筋にほのかに香る香水が好き❤

葉「じゃあ明日それやってくね

ニ「ホワイトムスク系だとそれだけで好きになっちゃうww

葉「おけwww指定ありがとうwww

ニ「やった~❤匂いを想像するだけでドキドキしてきた!

 

 

 

 

 

■アポ当日

※LINEにて

~アポ2時間前~

ニ「今日体調悪いからご飯また今度でも良い?

葉「おけ!大丈夫?

ニ「うん、ありがと!

葉「スタンプ

―既読無視―

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEが光る

 

 

 

 

 

 

 

ニートの子かな?

なんて淡い期待を胸に抱きつつ

スマホを見る・・・

 

 

 

 

 

ジョン「アポドタ?wwwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

淡い期待はあっけなく散った・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ってなわけで

その日、暇を持て余した葉梅は

ジョンとストをするために犬の街に出撃。

 

 

 

 

 

 

葉「まじ、相席屋童貞捨てれん・・・

ジ「おけ、今日捨てよう。俺が今日は決める。みんな抱く。俺が決める(ドヤ顔)

葉「(大爆笑)

 

 

 

 

 

 

 

【第五次相席屋の戦い】

相方:ジョン

相手:美容師とエステティシャン

結果:ジョンは即、葉梅は坊主

 

 

 

 

スト値は4くらいの2人組と相席。

 

 

 

 

 

頑張る宣言したジョンがほんとに頑張ってた(笑)

 

 

 

 

 

4人で喋ることはあんまりなくて

お互いがお互いの正面の人を担当と決め

会話をしていく感じ。

 

 

 

 

 

 

僕が担当子と手相やら

歌の話やら仕事の話をしていると

 

 

 

 

 

え、ねぇ!ほんとにスゴいんだけど!

 

 

 

 

 

と、

ジョン担当のエステ子が

やたらジョンを褒めていた。

 

 

 

 

 

 

めっちゃ食い付き良いやん!

 

 

 

 

 

 

 

これは負けてられないと

葉梅も頑張る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美「私、歌手になろうと思ってたんだよね!

葉「まじ?カラオケ行こう

美「いいよ!採点勝負しよ!

葉「え、、、それは、、、

 

 

 

 

 

 

葉梅の担当、美容師子もまあそんなに食い付きは悪くない。

 

 

 

 

 

 

右腕についていたヘアゴムを

葉梅の右腕に付け始めて

カラオケ行くの、約束ね」なんて言っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

とまあ適当に切り上げ退店。

 

 

 

 

 

 

 

カラオケに向かおうとすると

エ「あ、店にスマホ忘れた!

ジ「2人先に行ってて

ってな感じで先に美容師子とカラオケにin。

 

 

 

 

 

 

 

しばらくすると

ジョンとエステ子がカラオケに。

 

 

 

 

 

 

すると

葉梅のLINEがポケットの中で振動する。

 

 

 

 

 

 

 

表示画面にはジョンの文字が。

 

 

 

 

 

 

ジ「嫌な予感。アム臭・・・

葉「まじ?

ジ「怪しいぞ。俺の担当子

 

 

 

 

 

 

 

まあ確かに

相席屋でやたらジョンのこと褒めてたし

でもその割には褒め殺しって感じじゃなかったから

どうなんだろうって半信半疑ながらも

カラオケスタート。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラオケで散々

ジョンと葉梅の歌声が刺さり、

なにやら勝手に女の子2人共、仕上がり始めている感じ。

 

 

 

 

 

 

終了時間が来たので帰ろうとすると

エステ子が「終電逃した・・・」と一言。

どうやら平日ダイヤと休日ダイヤを勘違いしていたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

慌てて友達に電話をかけまくるエステ子に

マイクで遊びだすジョン。

 

 

 

 

ジ「パっっっっっっっ

 

 

 

 

 

 

よくわかんない

破裂音をマイクを通して出すジョン。

 

 

 

 

 

 

 

美「パっっっっっっっ

 

 

 

 

 

 

 

 

それにつられてマイクで遊び始める美容師子。

※友達心配したれや(笑)

 

 

 

 

 

 

 

なにはともあれカラオケを出て

犬の駅に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで

お互いがお互いの担当とセパ。

 

 

 

 

 

 

~葉梅サイド~

 

 

 

 

 

 

葉梅の担当、美容師子は

次の日が仕事ということで

圧倒的仕事グダ発生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グダ崩すのもめんどくさかったので

準即狙いに切り替えて番ゲ。

そして終電で帰宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~ジョンサイド~

 

 

 

 

 

※LINEにて

葉「帰宅します。お疲れ様でした

ジ「家打診ノーグダ。連れ出し

 

 

 

 

 

 

ここまで確認して

葉梅は風呂に入りました。

 

 

 

 

 

そして風呂から上がってみると

ジョンからのLINEが・・・

 

 

 

 

 

 

 

ジ「アムきたーーーwwww化粧品紹介きたーーーwww

葉「きたこれwww

ジ「とりあえず即www

 

 

 

 

 

 

・・・え

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・あれれ

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・むむむ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即ったんか~~~~~い!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、まあ相方のジョン君は

華麗にゴールを決めましたとさ。

相変わらず、葉梅は相席屋童貞続行!!!

※でも諦めない。準即するでぇぇ~!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

というか

俺とジョンのアム遭遇率高すぎて

ジ「むしろ俺がアムなんじゃないかな

という名言まで出始めるくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺も早く相席屋童貞卒業したい

そんな想いで番ゲした美容師子にLINEをする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~後日談~

 

 

 

 

 

 

※LINEにて

葉「そういえば、ヘアゴムつけっぱだったwww

美「思ったwww忘れてたwww

葉「火曜日休みだっけ?

美「そだよー(=^・^=)

葉「来週の月曜日ひま?ヘアゴム渡すわ

―既読無視―

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧倒的童貞継続中!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

fin.