読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナンパを始めた理由~後編~

ナンパ

ナンパを始めた理由~前編~】に続きます!

 

 

あの2即は

自分の実力でもなんでもない

ただのビキナーズラックだったんですね、、、

 

 

その時の葉梅は

 

 

「別にナンパなんてお遊びだし、真剣になる意味が分からん」

 

 

って思ってました。

(ナンパ師の方々、申し訳ありません)

 

 

 

つまり

ナンパをなめていたし

言い訳をしていたんですね。

 

 

 

うん

カッコ悪いです。

 

 

 

f:id:haume:20160104213427p:plain

 

 

これくらいカッコ悪いですね。

 

 

そのままのスタンスで

2015年7月末になります。

 

 

 

その日、葉梅は

会社の同期と2対2の合コンをしていました。

 

 

 

そして

二次会で渋谷のとあるバーに行きました。

 

 

 

そのバーに着いた途端

片方の女の子、そうですね

ここでは【ノッポ】(仮名)とします。

 

 

 

ノッポが結構酔っていたのか

必要以上に葉梅に絡んできたんですね。

 

 

ボディタッチは凄いし

セルフでセパしてくれるし

完全に即系でした。

 

 

そんなこんなしている時に

ジョンと合流します。

 

 

ノッポが仕上がっている様子を見て

「いけよ」と一言。

 

 

 

ジョン「ちは!葉梅の友達のジョンです!今日の合コンどうだった?」

ノッポ「楽しかった!」

ジ「こいつ(葉梅)はどんな感じだった?」

ノ「面白かったよ!」

ジ「じゃあノッポの中で葉梅は何点くらいの男?10点満点中で」

ノ「う~ん!8点かな!」

 

―――――――――――――

ジ「(小声で)お前いけよ、これはいけるって」

葉「いや~でも~、、、」

ジ「さっさとセパってホテル行けば良いじゃん(軽く怒る)」

葉「・・・」

ノ「そんな簡単な女じゃないし!!」

ジ「(小声で)俺が居るからこうやって言ってるだけだって」

葉「・・・」

―――――――――――――

 

 

その後

何もできず、女の子2人と同期と解散。

 

 

ジョンとパスタ食べに行ったんですね。

 

ジ「お前ださすぎ」

葉「・・・」

ジ「あんなに仕上がってる女の子を色んな理由つけて即らんとかださすぎ」

葉「確かに・・・」

 

 

 

なんかね

顔面殴られた感じでした。

 

 

 

出来ない理由を探し続け

言い訳やご託を並べ続けた僕の

核心をつかれた感じでしたね。

 

 

 

とまあここで

僕の負けず嫌いが発揮されるわけです。

 

 

 

「そこまで言うならやってやろうじゃん」

 

 

って

 

 

僕が本格活動し始めたのは、その翌日からです。

 

 

 

ストナン、クラナン、ネトナン

とにかくナンパを手探りで始めてみました。

 

 

8月5即

9月7即

10月3即

11月4即

12月9即

 

合計5か月で28即。

 

 

この数字全然すごくないんですよ。

 

 

でも割と本気でナンパをし始めたら

ナンパって楽しいんですよね。

 

 

 

奥が深い。

 

 

 

そこにどんどんハマっていきましたね。

 

 

 

他のナンパ師の皆さんみたいに

大した理由があるわけでもなく、、、

(申し訳ないです)

 

 

 

昔からの女好きと

パーリーピーポーな気質と

負けず嫌いな性格だけでナンパ師始めました。

 

 

 

でもまだ全然しょぼ腕のナンパ師見習いなんで

色々と経験値ためていきたいな、と思います。

 

 

 

面白いブログも書けるようになりたいしね!

 

 

 

当分は年間100即を目標にしたいなって。

 

 

 

だって

せっかくの一度きりの人生

1回くらいは年100人斬り達成してみたいじゃん?

 

 

そんなこんなで

葉梅ブログデビューでしたとさ。

 

 

ジョン

これからもよろしくな(笑)!